--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

06.28

Forcing Idle Animations

本チュートリアルは、あなた、つまり読者がActorが強制的に特殊なidleモーションを再生するための方法を学ぶために書かれたものです。モーションを作成したり出力したりする部分に関しては網羅しないチュートリアルであることを留意してください。そういうチュートリアルはこちらにあります。
メモ: 本チュートリアルは既存のモーションを使用するものであり、条件式で制御するものです。
目次
1 Requirements
2 Creating The Token
3 Creating The Actor
4 Creating The Animation
5 Creating The Conditions
6 Last Few Things
7 See Also

Requirements

1. あらかじめ作成された.KFファイルが必要になりますので、Meshes\Characters\_male\IdleAnims\に入れてください。なければ用意してください。
2. (当然ですが)TES Construction Setが必要です。

Creating The Token

よろしい! CSを起動して、espを選択し、読み込むまでお待ちください。読み込みが終了したら、Animation Tokenと呼ばれるMiscItemを作成していきます。特定のActorに特定のidleをとらせたい時に使えます(Tutorialなんかもそうですね)。では、ItemsからMiscItemを新規作成します。右ペインのどこでもいいので右クリックし、新規作成を選択すると、小さなウィンドウがポップアップします。以下のように項目を埋めてください。そうでなければ必要に応じて変えてください。

OKをクリックするとこの作業は終了です。Actorの作成に移りましょう!

Creating The Actor

では、MiscItemの右ペインを開いたままにして、今度はActorの右ペインで右クリックし、新規作成を選択します。必要に応じて以下のように埋めてください。

現時点では、この画面より右側に重要な部分はありません。Scriptと書かれたドロップダウンリストの右側にある[...]をクリックしてください。スクリプトウィンドウが開くので、スクリプト(S)新規作成(N)を開き、以下のちょっとしたスクリプトをテキストボックスの貼り付けてください。

Copy and Paste:
scn AnimationActorScript
begin onload
pickidle
end
FDDの形をした画像をクリックしてください。特にエラーは出ないと思うので、ウィンドウを閉じます。Actorのウィンドウに戻り、さっきのドロップダウンリストをクリックして今作ったスクリプトを探します(もし見つからなければ、OKを押して一度ウィンドウを閉じ、開き直してみてください)。まだActorに関する作業は終わっていません。もう一度MiscItemの一覧に移動してAnimationTokenを探しておき、Actorのウィンドウで真ん中のタブ群からInventoryを開きます。AnimationTokenをそこにD&Dします。これでActorの作業は終了です。OKをクリックしてください。

Creating The Animation

面倒なItemやActorの作業は終わりました。次に、idleモーションをespに取り込む段です。メニューのゲーム効果(G)から待機アニメーション(I)を開きます。ウィンドウが開くはずです。左側のツリーの上の方に移動し、Characters\_Male\IdleAnimsに書かれていることを見てください。その上で右クリックし、子階層に挿入を選択します。空白のテキストボックスとその他もろもろが右側に表示されるはずです。IDのボックスにAnimationIdle(まぁ何でもいいんですが)と入力し、アニメーショングループSpecialIdleのままにします。[ここは重要です]Select Animation Fileをクリックし、KFファイルを選択してください(メモ:「Invalid Directory」というエラーが出たら、KFファイルが適切なディレクトリに置かれていないということです。Requirementsを読んでください)。問題なく作業ができたら、Select Animation Fileという文字の代わりに、Charactor\_Male\IdleAnim\Example.kfといった文字列が見えるはずです。最後にConditions[外部]という、ちょっと面倒な作業があります。

Creating The Conditions

さて。Conditionsが独立した節を持っていることからも、面倒なのがわかりますね。なんにせよ私はものぐさなので、望ましい状態のConditionsのSSを貼り付けておきます。下の方にあるNewをクリックしてください。

むろん、上の方で作ったIDがAnimationTokenではない場合、それに応じて作成したIDに置き換えてください。

Last Few Things

最後に二つ、作業が残っています。作成したActorをどこのCellでもいいので配置してください。それからespを保存してOblivionを起動し、モーションを見てみましょう!

See Also


原文、画像転載元:http://cs.elderscrolls.com/constwiki/index.php/Forcing_Idle_Animations 09-06-28

Tutorials:  トラックバック(-)  コメント(-) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。