--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

04.10

Lore:Sithis

Lore: Gods: S
本項目は神Sithisについて述べるものである。関連書籍は『Sithis(書籍)』を参照のこと。

Deepscorn Hollowより、Sithisの神殿
Sithisとは、混沌の原始の状態の表われたものであり、エントロピー(拡散、無秩序化)の蛇神とも呼ばれる。彼はDark Brotherhoodの支援者であり、Night Motherの夫であるとも言われている。SithisはAnuielと対等の、対照をなす力であると考えられることが多い。Dark Brotherhoodは彼をDaedraではないと主張し、Oblivionに住まいを持たないとしている。これは、彼を混沌の原始の状態の表われであるとする説を支持するものである。彼の信者によれば、Sithisは創造が生まれる以前の黒く巨大な無であったという。虚無の魂である「Aurbis」がAetheriusとOblivionの創造を発案したのはその後のことであった。これらの出来事については他とかなり解釈が異なる。彼はMephalaの子として文献や伝説に登場する場合があり、また人によってはMephalaそのものであるとする者もいる(外見などは異なるが)。
Dark Brotherhoodの支援者であることに加え、Sithisは意志を持つ木Histからも信仰を受けている。更に、ArgonianもまたSithisと関わりを持つ。第一に、ArgonianがHistを信仰し(そのHistがまたSithisを信仰し)ているためであるが、更にShadowscaleの伝統の存在もその理由である。Shadowの星座に生まれたいかなるArgonianも、Dark Brotherhoodに捧げられ、暗殺の技術を教え込まれる。彼らが一定の年齢に達すれば、ShadowscaleはDark Brotherhoodの正式な家族として迎えられる(これは、Sithisに一生を捧げることを意味する)。
原文、画像転載元:http://www.uesp.net/wiki/Lore:Sithis 09-04-10

Lore:  トラックバック(-)  コメント(-) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。