--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2010

10.16

Nehrim やりたいけどどうすればいいの?

  1. 本家(http://www.nehrim.de/)から日本語のページに行ってインストーラをDL

  2. http://transobli.blog16.fc2.com/blog-entry-227.htmlとか見ながらインストールする

  3. NehrimLauncher.exeで最新版にアップデート(英語なら1.0.8.2、ドイツ語なら1.0.8.0)

  4. 日本語化ファイル:http://www.4shared.com/file/_jyryqta/Nehrim_Jpn.html
    字幕つきムービー1:http://www.4shared.com/file/ohLDk-LC/sharing.html
    字幕つきムービー2:http://www.4shared.com/file/mdplL8qd/sharing.html
    をDLしてreadme通りに入れる

  5. はい論破!(…論破?)

Nehrim関係トラックバック(0)  コメント(1) 

    2010

10.12

NehrimにMBP2ch入れてみるリム! Part.4(追記編)

教えていただいたのでメモしておく。


  1. Orcの声はじめ、使いたい種族は声を全部Alemanne1にする
    声のところが空白だったらNehrim.esmは弄らずに、Beautiful People 2ch-Ed側のesm、espだけ、Alemanne1になるように変更してください。


  2. Highelfの種族名、IDをHochelfに
    OblivionでWood ElfがHighElf声を参照しているのがそのまま独語になっているため、Sternlingは声参照がHochelfというIDになっています。これがMBPで上書きされてHighelfというIDになってしまい、音声ファイルが参照できずにHaimonなどが無音声になってしまいます。
    Beautiful People 2ch-Ed側のesm、esp全てでHighElfの種族IDをHochelfに書き換えてください。

Nehrim関係トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

10.10

NehrimにMBP2ch入れてみるリム! Part.3(忘れていたKorinther)

書いたつもりになって忘れていたことがありました。

Korinther種族の修正とnon-Playable種族全般について

KorintherはRedguardのIDを上書きするnon-Playable種族でした。何を勘違いしたのか筆者は「種族としては存在するがNPCにこの種族はいない」と思い込んでおり、Part.1で「Korintherはそのまんまでもおk」と書いてしまいました。
ところがよく見るとNPCが存在するため、Redguard種族をKorintherに調整し直す必要が出てきました
ちなみに、Korinther種族であるため修正しないと声が出ない主要NPCは以下の通りです。
  • Melvin(メインクエストの人)
  • Amanda(醸造職人クエストの人)
  • Balgo(Arenaの人)
うーん、声が出ないと寂しい人ばっかりですな!
では、やっていきましょう。

  1. Part.1におけるNordやWoodelf種族の調節と同じように、Deactivateしておくものも含めてTES4Editで読み込みます。
    最低限必要なのは、
    Nehrim.esm

    Beautiful People 2ch-Ed.esm
    Beautiful People 2ch-Ed Vanilla Race.esp
    Beautiful People 2ch-Ed Merged Eye Modules.esp
    Beautiful People 2ch-Ed Merged Hair Modules.esp
    NehrimJP1075.esp
    あたりでいいと思います。
  2. 今までと同じく、以下の部分を直していきます。
    修正前

    背景が赤、黄色になっている部分がたくさんあるのがわかります。これを一つずつ直します。
    といっても左から右にD&Dしていくだけですが。

    修正後

    こんな感じになります。
  3. 今度は髪型と目の情報を複製しますが、けっこう大事な注意点があります。以下の画像のように、必ず左端のNehrim.esmから右端のBeautiful People 2ch-Ed Vanilla RaceにD&Dしてください。

    どうしてかというと、Half-Aeternaと同じで最初からある髪型にRenHair**が使われているためです。
    ここでBP2ch側の情報を先にD&Dしてしまうと、IDが競合してKorinther種族のNPCの髪型がゲーム内で見ると変わってしまうからです。
    このように、なにはともあれ髪型と目の一覧をNehrim.esmに一致させてください

    こんな感じになればいいはずです。

    Eyesも同じように、一端Nehrim.esmと同じ状態にしてからBP2chの情報を足していくのがいいと思います。
いずれにせよnon-Playable種族なので、MBPの髪型などが必要ない場合は、
  • 種族ID、種族名、音声指定、がNehrim.esmと同じになっていること
  • Nehrim.esmの髪型と目がそのまま生きていること
これだけやっておけば、non-Playable種族に関しては十分です。
既存NPCの髪型や目も変えたいという場合は、上記作業に加えPart.1~2で書いたようなD&D作業を行えばいいでしょう。

個人的にはnon-Playable種族といえどSkill BoostやRelationsも揃えたいしなんだかんだでどんどんD&Dしてしまっているので、適当に見切りをつけていかないとキリがなくなるかもしれません。なんてね。

Nehrim関係トラックバック(0)  コメント(0) 

    2010

10.05

NehrimにHarvest[Flora]入れてみようぜ

Harvest[Flora]の仕組みをおおざっぱに説明すると、

  • アクティベートした時に「メッシュの形状が変化するアニメーション」をとらせる、というスクリプトを全てのFLORAにくっつけている

と言うことができます。
では、

  • 適切な錬金素材が設定されているか
  • スクリプトやメッシュが適切に設定されているか

といったところを確認していきましょう。
ちゃんとNehrim.esmに合わせないとメインクエストで詰む可能性があるので、もし入れるなら結構大事ですね。

  1. まずはHarvest[Flora].esp、NehrimJP1080.espをTES4Editで開きます。まずはNehrim.esmからツリーを辿りFLORを開きます。FormIDの順に上から見ていきましょう。
  2. これが一番単純で手間のかからないタイプの例です。

    ・植物名がOblivionとNehrimで違うものはNehrimJP1080.espからD&Dする
    ・Model FilenameがHarvest[Flora]由来のものになっていることを確認
    ・IngredientがNehrim.esmと一致したEditorIDになっていることを確認

    このあたりに注意していけばいいはずです。EditorIDは人間にとっての区別でしかないので、ここでは一致していなくても実は問題ありません。
    では、いくつか注意しなければならないFLORAを個別に見ていきましょう。

  3. Eroth Flower(Eroth Blüte)

    Erothinという街名の由来にもなっている赤い花です。モノはDomica Redwortなのすが、せっかくなので植物名は「Eroth Flower」を優先させましょう。その他は特に触らなくて大丈夫だと思います。こんな感じで名前が違うものが多少出てきますが、基本的にNehrimJP1080.espを優先していっていいと思います。
    ・左からNehrim.esmNehrimJP1080.espHarvest[Flora].esp
    StinkmorchelStinkhornBog Beacon
    SteinpiltzPorciniSummer Bolete
    RiesenschirmlingMacrolepiotaCairn Bolete
    Roter PorlingRed PolyporeCinnabar Polypore

    植物名はOblivionと一致していた方がいいなー!と思うのであれば、そのままで結構です。ただし、以下の植物に関してはゲーム世界を優先するならNehrimJPに合わせることをお勧めします。
    Vynwurz-PflanzeVyn Root PlantNirnroot Plant
    舞台となる世界がNirnだったからNirn Rootというのであり、こちらはVynという世界なので、Vyn Rootであることが望ましいでしょう。
  4. Green Stain Cup(Grünspanbecherling)

    Oblivionでは、Green Stain CupとGreen Stain Shelfでは手に入る素材が別々ですが、Nehrimでは一つに統一されています。その影響でGreen Stain Cupに設定されていたINGRが削られており、Harvest[Flora]からは対象素材が消失状態になってしまうわけです。ここもNehrim.esmからD&Dしておきましょう。
  5. Nightmare Vine(Alptraumranke)

    こちらはメインクエストで関わってくる植物で、独自のスクリプトがくっついています。ですから、そこを揃えていかないとメインクエストで必要な材料が手に入らず、詰んでしまう可能性があるため注意しましょう。
    ・植物名Nightmare Vineを右にD&Dして生かす
    ・Scriptを右にD&Dして「MQ23Apltraumranke…」にする
    ・Ingredient部分を右クリックして「Remove」し、素材が入手されないようにする
    ・念の為、素材が入手される可能性のPFPCもぜんぶ0%にしておきましょう

    このNightmare Vineは全部で3種類あるので、三種類全部でこの作業をしてください。ツリーに並んでるのでわかりやすいです。

    次の作業から、Harvest[Flora].espのツリーを見ていきます。
  6. Tomato Plant(Tomatenpflanze)
    このトマトはちょっと特殊です。Oblivion.esmにあったTomato Plantとは別IDになっているらしく、Nehrim.esmのTomato PlantにはHarvest[Flora]のスクリプトがついていません。では、持ってくればいいんです。

    今度は、Harvest[Flora].espのツリーからTomato Plantを探し出し、右クリックして「Copy as new record into...」を選択します。


    すると、新規EditorIDをどうするか聞かれるので、適当につけてください。あとでいくらでも変えられる上、システム的にEditorIDの文字列自体はあまり重要ではないので、気にする必要はありません。


    では、どのespに新規IDとして登録するか選択してください。もちろんHarvest[Flora].espです。


    OKを押し、ツリーを一回閉じて開き直すことで更新すると、こんなふうになります。もちろんスクリプトやメッシュも複製されています。

    この白背景のIDは「Masterには存在しないID」ということです。この時点ではNerhim.esmのTomato Plantとは無関係の新規オブジェクトということになっていますので、これから「Nehrim.esmのオブジェクトを上書きするオブジェクト」にしていきます。

    二つあるTomato Plant両方に、ツリー上のIDを右クリック→「Change FormID」を使って、Nehrim.esmにあるTomato PlantのFormID「1EF2F5」「1DB2EF」に書き換えてください。どちらがどちらでも結構です。
    「他に参照してるespがあるけど、そっちも書き換えますか?」みたいに聞いてくるウィンドウが出ますので、全てのesp、esmにチェックを入れてOKを押します。ウィンドウは出ないかもしれません。

    こうなっていればOKです。
  7. Harrada Root

    Harradaさんは、NehrimではNightmare Vineという名前で3種類のIDが使われています。とはいえ、Oblivion.esmには4種類のIDがあったらしく、一つ余っています。余っていますというか使われていません。前述のように背景が白になってしまっています。
    こいつはID上で右クリックして「Remove」し、消してしまいましょう。

たぶん、これでおっけーです。問題があったらごめんね。

Nehrim関係トラックバック(0)  コメント(2) 

    2010

10.04

実験~NehrimにMBP2ch入れてみるリム! Part.2(人柱編)~

ここからは本当に実験というか、何があっても文句言えないレベルの荒技です。
だと思います。ほんと「やってみた」止まりです。
やるにしても全てを読んで内容を理解してから挑戦してください。
例ではAlemanneでやっていますが、Half-Aeternaでもまぁ同じです。

Half-Aeternaの目についてと、Korintherについて追記しました。

AlemanneをMBP2ch対応にしよう

  1. TES4Editで、Nehrimのロードオーダーで読み込ませる全てのesm、espを選択して読み込んで起動してください。

    Bashed Patchはさておき、他はとにかく全てです。WryeBashでDeactiveにしておくespも同様です(Bashed Patchが利用する情報が入っていることに違いはないので)。


  2. Beautiful People 2ch-Ed.esmからツリーを辿ってRACE→Imperialに辿り着きます。
    そのID上で右クリックし、「Change FormID」を選択してください。


    次のような小窓が出てくるはずなので、ここに「18A893」つまりNehrim.esmにおける「Playerが使用するAlmanne」種族のIDを入力してください。


    すると、今度はこんな小窓が1~数回出てくるはずなので、全ての項目をチェック(右クリックでSelect All)し、OKを押してください。

  3. 次に、今度はBeautiful People 2ch-Ed Vanilla Race.espのRACE→Imperialでも同じ作業をします。


  4. これでMBP2chのImperialがAlemanneを上書きする構造に変化したので、Normanneなどの時と同じように、好感度補正や身長体重、音声やSkill BoostなどをD&D修正します。音声はやらなくてもいいかもしれません。詳しくは前の記事を参照してください。

Half-AeternaをMPB2ch対応にしよう

  1. Alemanneとおおむね作業は同じです。Half-Aeternaの場合はRen_MysticElfMを「18D9E5」にするって感じですかね?ファイルの参照からいって。で、あとは同じように細々と調節しますが、その前にやっておくことがあります。


  2. 前準備
    Alemanneと違う点があり、Melfは当然VanillaのOblivionにいない種族ですから、Vanilla Race.espに情報がありません。ここにMBPの種族情報があれば色々と楽なので、以下のように、Beautiful People 2ch-Ed.esmの方からHalf-AeternaにするMystic Elfを右クリックし、

    Copy as override into...」を選択します。

    するとコピー先espを尋ねてくる選択画面が出てくるので、

    このように、Vanilla Race.espを選びます。エラー出ますが気にしなくて結構です。

  3. するとAlemanneと同じ構造になります。次に、種族ステータスや説明文などをAlemanneと同じようにNehrim.esm→MBP関連のesm、esp全てにD&Dし、情報を揃えていきます。
  4. ここで髪と目については若干例外的な作業をします。けっこう大事な注意点があります。以下の画像のように、必ず左端のNehrim.esmから右端のBeautiful People 2ch-Ed Vanilla RaceにD&Dしてください。
    どうしてかというと、Half-Aeternaは初期髪型がRenHair**しかなく、MBPの情報を上書きすると髪型の指し示すIDが変わってしまう可能性があるためです。 このように、Nehrim.esmにはじめからある髪型が全て生きるようにD&Dして一致させた後でBP2chのesmから髪型情報をD&Dしていってください。

    こんな感じになればいいはずです。 Nehrim.esmにしかない髪型は右端まで情報を生かし、それから残りの足りない髪型情報を追加していけばいいはずです。

    上の方のRenHair***部分の背景が真っ赤ですが、特に問題はありません。
  5. 次に目ですが、目も必ずNehrim.esmからBeautiful People 2ch-Ed Merged Eye Modules.espに一端まるごと複製し、最初からある目が全て生きるようにしてください。

    こんな感じになれば大丈夫です。
ところが、ここまでやると逆に一つ不具合が出てきます。それは次の節で説明します。

Half-Aeternaの目が変


このNPCは、耳を見ればわかるようにHalf-Aeternaの一人です。しかし目が酷いことになっています。
左目は正常に見えているようなのでグロ目とはまた少し違う現象のようですが、とりあえず、この衛兵Akarusの情報をTES4Editで見てみることにしましょう。


一見するとBrown Eyeとなっており、Ren目のどれかということで、何も問題はないように見えます。

では、目そのものの情報を見てみましょう。

こちらも、特に上書きされている所はないようですね。では、問題なのはテクスチャということになります。

では、Characters\Ren\Eyes\RenEye05.ddsテクスチャを見てみましょう。

一見してわかるように、MBP系列とはテクスチャの配置が全く異なることがわかります。

ちなみにMBP同梱のCharacters\Nequam\Eyes\RenEye05.ddsはこうなっています。


…だから右目だけ真っ黒だったんですね…。

では、これを直していきましょう。

  1. Beautiful People 2ch-Ed.esmのツリーからEyesを開きます。直さなくてはならない目は、下画像の赤枠の中のものです。

  2. まず、このRenEye***をCtrl+クリックして全て選択し、右クリックメニューから「Copy as override into...」で、コピー先をBeautiful People 2ch-Ed Merged Eye Modules.espに指定します。

  3. すると、さっきまでツリーの中で反転選択していた目の部分の背景色がピンク(競合してることを示す色)になります。

    これで作業の準備は完了です。
  4. ためしに一つ例をとって説明します。作業内容は、どの目についても全く同じです。
    ・ドイツ語に戻ってしまっている部分を日本語化espからD&Dする
    ・テクスチャのパスをMBPのRen目に直す


    こうなっていれば大丈夫です。

  5. この作業を、IDが「RenEye**DUPLICATE000」となっている目全てで繰り返します。正常に書き換えることができれば、目一覧の背景色が黄色になるので確認しておきましょう。
  6. では、Bashed PatchをRebuildし、ゲームを起動してもう一度Akarusに会いに行きましょう。

    直ってますねー。

    あとみんなのアイドルKimちゃんも。

    こっちも相変わらず素敵な笑顔を見せてくれます。

問題のRen目についてはHalf-Aeterna(と、non-PlayableなHalf-Aeternaの複製種族)しか使っていないので、NormanneやAlemanneでは問題が起きていないと思います。

とりあえずここまで。

Nehrim関係トラックバック(0)  コメント(0) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。